【目次】

 

1 はじめに

2 秋田県新規求職者数(常用)の年齢層

3 新規中・高卒者職業紹介状況(令和410月末現在)

4 まとめ

 

 

 

【はじめに】

 

市場調査とは、企業が商品などを開発する際に、よい事業判断をするために市場を理解することを言います。

成功している企業の多くは、市場調査によって方針などを決定しています。

 

もちろん、採用市場も同様のことが言えるでしょう。

 

より良い人材を採用するためには、採用市場の様子をしっかりと把握・分析することが大事です。

 

この頁では、秋田県内に絞って202210月の採用市場の動きについてまとめました。

ぜひ、秋田県内の経営者や採用担当者の方はチェックしてみてください。

 

 

 

【秋田県年齢層別職業紹介状況の動き】

  • 19歳以下

  • 2034

  • 35~49歳

  • 5064

  • 65歳以上

ここでは直近4カ月の数値の推移をグラフに表しました。年齢層によって、有効求人数と有効求職者数のバランスも、いわゆる若手・働き盛りと言われる年齢層と、65歳以上の違いも気になります。

 

下の表は年齢層別の有効求人倍率の推移です。

(秋田労働局「労働市場月報(令和410月)」より秋田採用サポートナビがグラフ・表作成)

 

前月に比べて

19歳以下有効求人倍率は、1.34ポイント上昇。

2034歳有効求人倍率は、0.03ポイント上昇。

3549歳有効求人倍率は、0.99ポイント下降。

5064歳有効求人倍率は、0.01ポイント上昇。ほぼ横ばいです。

65歳以上有効求人倍率は、0.01ポイント下降。ほぼ横ばいです。

 

 

【新規中・高卒者職業紹介状況(令和410月末現在)】

(秋田労働局「労働市場月報(令和410月)」より)

 

上の表を見ると、令和4年10月末時点で、高卒で県内就職希望者1278人のうち、内定者は1059人で内定率は82.9%。つまりこの時点で、県内就職希望者でまだ内定が決まっていない未内定者は、219人いることがわかります。

 

高卒採用に関しては、二次募集を引き続き進めている企業、次年度の採用に向けて動いている企業、さまざまだと思います。

また、内定者を勝ち取れた企業は、高校を通して内定者フォローを行っていることでしょう。

 

二次募集を引き続き進めている企業様は、ぜひ高校に現在の状況の聞き取りなども行いながら、採用活動をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【まとめ】

 

いかがでしたか。

自社の求める人材を採用できるように、秋田県内の採用市場を把握して、採用活動を進めていきましょう。

 

 

関連記事

コラム「秋田県の採用市場を把握!採用市場レポート《20229月版》」

コラム「令和5年3月秋田県内高等学校卒業者求人・求職状況レポート」

コラム「秋田県内高等学校「就職指導担当の先生方の声」大公開【第二弾】」

コラム「秋田県内高等学校「就職指導担当の先生方の声」大公開【第一弾】」

コラムCOURSEアンケート結果報告!秋田県内高校生の本音を紹介!」

もご参照ください。

 

 

 

また、秋田採用サポートナビでは、秋田県内の企業様の採用サポートを実施しています。

 

・採用活動を成功させるための必須ツールが知りたい。

・採用業務以外も兼任しているので、人手が足りない。

・求める人材からの応募を増やしたい。

・もっと良い人材を採用する方法が知りたい。

 

など、些細なお悩みでも大歓迎ですので、お気軽にお問い合わせください。